痛風の予防は適切に行ないましょう|強靭な精神で我慢

メンズ

高血糖状態に注意

血液

血糖値の指標です

健康診断で血液検査を行うときに検査項目の中に、「ヘモグロビンa1c」と呼ばれるものがあります。ヘモグロビンa1cは血糖値を見る指標として用いられています。赤血球に含まれるタンパク質であるヘモグロビンには、血液中のブドウ糖と結合する性質があります。ブドウ糖と結合したものの一部を、ヘモグロビンa1cと呼んでいます。ヘモグロビンa1cが基準値を超えていると、高血糖状態が続いていることを意味します。またヘモグロビンa1cは過去1〜2カ月の血糖状態を表す指標であります。そのためこの値を下げるためには、運動療法や食事療法を継続して行う必要があります。また血糖値は食後に上昇する性質があるため、食後の血糖値上昇を抑えるサプリメントを活用することも一つの方法です。

炭水化物を控える

ヘモグロビンa1cは血糖値の状態を指す指標として、健康診断で用いられています。ヘモグロビンa1cが高いと指摘されたら血糖値を下げる必要がありますが、重要なのは摂取する糖を減らすことです。今では糖質ゼロの食品も販売されていますが、それにこだわりすぎると、かえってストレスが溜まり逆効果になることもあります。そのため糖質を抑えるためには、主食である炭水化物の摂取量を抑えるのがベストな方法です。米であれば茶碗に盛る量を少し減らすことが大切ですし、うどんやラーメン、パスタといった麺類の摂取を少し減らすことも重要です。また必要以上にカロリーを摂りすぎるのも、血糖値が高くなる要因です。昔から腹八分目といわれるように、食べる量を少し減らすことも有効な対策です。